臨海地区で遊んだ2012年06月02日

昨日、久しぶりにMと揃った平日休み。
今年になってからまだ山行きをしておらず、足慣らしに奥多摩で汗を流すつもりだった。
ところが予報は曇りのち雨。 雷も予想され、予定を変更し珍しく都心で遊んだ。


芝浦埠頭からレインボーブリッジ下の一般道で海を渡り台場。
異様な作りのフジテレビの社屋で少し遊び、車を駐車場に入れてから散歩をした。
平日だと言うのに、この人の多さは一体何だろう。
僕もその一人だけれど、巨大なエネルギー消費地に立っている事を実感する。


僕がバイクに乗り始めた頃、この辺は確か13号埋立地と呼ばれていなかったか?
荒涼とした一面の原っぱで、月と月見草の写真を長時間露光で(もちろんフィルムで)撮りに来たことも有ったっけ。
いまや臨海副都心とか言われ特にフジテレビが移転してきた頃から猛烈に開発されて、かつての雰囲気は消えた。


で、これ。
「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」
高さ18メートルのモビルスーツだ。

試作品に続く二号機で、ジオン公国との一年戦争で恐るべき威力を発揮した。
パイロットのアムロはまだ15歳だったのだが、その卓越した能力から後にニュータイプとの概念を生む事になる。


足だけで軽自動車くらいある。


ガンプラをオトナ買い。
実機を見上げながら隣のMにこのモビルスーツ開発の背景となった連邦のV作戦を教授する。
が、全く興味を持たないので、ダイバーシティ内で昼食。


六厘舎系の「久臨」でつけめん。
この頃チェーン展開している讃岐うどん屋のセルフ式にも似た待ち時間ゼロの流れ作業。
麺は六厘舎よりやや細め。
魚介豚骨系スープだけれどドロドロ系ではなくスルスル入る。
スープ割りし、ライム酢と粉柚子で更に美味。


未来的な台場だけれど、2キロほど南下すれば長閑な暁埠頭公園。
さらに数年前まで一般立ち入り禁止だった海底トンネルを抜ければ中央防波堤だ。
チャラチャラした台場からたった10分で、広大な埋立地とゴミを満載したダンプの世界。
そこは僕ら都民の出すゴミにより、新しい島を作っている現場だ。

たしか予約すれば燃えないゴミの破砕から埋め立て現場まで見学できたはず。
今日は根回ししていないのでスルー。


これが先日開通したばかりの東京ゲートブリッジ
中央防波堤と若洲を結ぶ橋だ。

羽田空港に出入りする飛行機の為、航空法で高さを制限されている。
しかし、通過する巨大船のために橋下高は維持しなければならない。
だから一般的な吊り橋ではなく、このようなトラス構造。
2万数千トンのそれは大阪で作られ、東京まで曳航してきたのだ。
二匹の恐竜が向かい合ったような形から、恐竜橋とか怪獣橋とか呼ばれる。


その橋には、若洲側から徒歩で上がることができる。
その海面から高さは、僕にとっては恐怖そのもの、Mにとってはお楽しみの場所だ。
本来なら臨海地区が一望できるその場所。 しかしほんの10分ほどの間に天候が急変。
この世の終わりのような雷雨となり、歩道は閉鎖。 見物客は強制退場となった。

ここには海釣り公園もあるし、散歩に適した遊歩道もある。
これで天気が良ければ気持ちの良い場所だろう。
また天気の良い日にきっと行こう。

羽田を経由して帰宅。
たまには都心方面も楽しいものだ。
でもやっぱり人混みに酔ってしまう。
次は、山に行きたいな。

初キュウリ2012年06月04日

東京の日の出は4時25分。
今は一年で最も早く夜が明ける頃だ。
昼時間は14時間半以上。 それは冬至の頃より5時間近くも長い事になる。
そんなに長い昼を何して過ごそうか。
まあ、その大半は通勤を含む労働時間だが。

5時、風のない静かな朝をワンコと散歩。
牛乳を温め、新聞を読み、資源ゴミを出し、布団を干す。
布団を出したままで仕事に出るのは博打だけれど、今日の予報を信じ自転車で出勤。
漕ぐたびに悲鳴を上げていた12年目の自転車だけれど、ハブにグリスを注油したらいくらかマシになったようだ。

仕事は特記事項なし。
昼食は自宅から持って出た梅干おにぎりとカップ味噌汁。

--------------------------------------------------------------------------


庭のキュウリ、今期初収穫。
あまり大きくならないうちに取ったほうがポリポリと美味しく齧れる。


夏にキュウリを齧るため、冬の間に仕込んでおいた味噌。
今年は九州地方でよく食べられると言う麦麹を使った麦味噌にしてみた。
大豆もペースト状にはせず軽く潰しただけ。
味噌汁でももちろん良いが、食べる味噌として仕込んだもの。


早取りのキュウリと、まだ少し若い味噌。
これが美味くて美味くて、酒がすすんで困ってしまう。
これから盛夏過ぎまで、4株の苗から僕とM宅が使う全てのキュウリが収穫できるのだ。



昨日の散歩写真2012年06月06日

この頃、山へ行っていなかった。
山に行く、は眺望を楽しむと同義語でも有るので空気の澄む秋が良い。
でも、近郊の低山ハイクなら梅雨入りを控えたこんな時期でも楽しいものだ。
昨日、Mと二人でそんな散歩を楽しんだ。


標高1000メートル弱の御岳山は、ケーブルカーが通っている事もあり東京人には馴染みの山。
それに乗れば僅か6分で山の上へ登れてしまうのだから、人気のはずだ。
でも古くから山岳信仰の対象でもあるそこは、歩いて登ると深山の趣き有る場所だ。

麓のケーブルカー駅脇から歩き始めると、すぐに後悔する事になる。
あっという間に息が切れ汗びっしょりになるほどの急な登りだからだ。
しかも、その脇をスルスルとケーブルカーが走ってゆく。
中の乗客が、こちらを見て手を振ってくれたりもする。


1時間、たっぷり汗を流して頂上近く。 家や宿坊が見えてくる。
この山は武蔵御嶽神社を中心とした信仰の山で、御師(おし)と呼ばれる神職とその家族が150人ほどの集落を作っているのだ。

神社の創建は紀元前(ホントか?)、800年ほど前には今の形となり江戸初期に山伏が定住し御師の集落を形成したと言う。
御師たちは講と呼ばれる信者たちの世話をし多くは宿坊を営みながら共同体として神社を維持している。 
御師の家に長男として生まれた子がまた御師を継ぎ、長い年月この山を守っているのだ。
そんな集落が東京にまだ残っていることがとても興味深い。


ケーブルカーで身軽に登った人たちで混む御岳山から、尾根道を歩いて隣に位置する日の出山へ気持ちの良い明るい道を歩く。
ここで前方から遠足らしい小学生が歩いてきた。 
子供達は山で人に会ったら挨拶しなさいと教えられているんだろう。
コンニチワ-、と大きな声で挨拶してくれるので、こちらもコンニチハと返す。

ところが、次から次へと途切れることなくやって来る。
たぶん3クラス、100人近く居たかもしれない。
その全員と挨拶を交わしたのだから、すれ違い終える頃にはすっかり疲れてしまった。


45分歩いて日の出山。 標高は902メートル。
その名の通り東側に視界が開け、都心の向こうから昇る日の出は最高だろう。
今回はガスで遠望は利かずに残念。
でもとても落ち着ける場所で、僕らは1時間ほど頂上で過ごした。
疲れた体に風がとても心地よい。


ちなみに頂上の放射線量は0.05μシーベルト。


また45分歩き武蔵御嶽神社まで戻ってきた。
この辺から秩父地方にかけては大口真神(狼)を奉る神社も多く、ここもその一つ。
そのためか犬の健康祈願も盛んなようで、愛犬を連れた人も多い。

余談だけれど奥多摩-秩父山塊には未だにニホンオオカミが住むと言われ、目撃例?も有る
僕も見てみたい。


神社前のちょっとした商店街。
ここで名物の蕎麦を食べ、しばらくボンヤリとしよう。
時間は14時半。 遠雷も聞こえそろそろ山を下りた方が良いかもしれない。


帰りはケーブルカーに乗った。
1時間苦労して昇った山を、たった6分で下山。
車の騒音や空気感が、僕の住む世界へ降りたことを感じさせる。


日本酒蔵元で生酒を土産に買った。
帰宅後風呂で生き返り、一人の家で酒を呑む。
Mと出掛けるのは楽しいけれど、こんな一人の時間もまた好きなのだ。

------------------------------------------------------------------------


以前も書いたけれど、山に行くときにナビが有ると安心だ。
僕はアンドロイドタブレットと二つのソフト(地図ロイド、山旅ロガー)を組み合わせて使っている。
GPSを使うので3GやWiFiは必要なく、予め国土地理院の地形図をキャッシュしておけば良い。

現在地やルートの確認、分岐で迷ったときや目的地までの残距離を調べたいときにこれほど心強いものは無い。  
そして帰宅してからログを見るのも楽しいのだ。


板わかめ2012年06月08日

今日、6月8日は東京の梅雨入り平年値。
週間予報では明日から雨がちの日が続きそうだ。
今年もまた、平均45日間の雨季がやって来る。
そして、それが明ければ夏も本番だ。

5時前に起きた時の気温は17度。 
風のない穏やかな夜明け。
いつの間にか隣家の紫陽花が満開となっている。
今年もまた、鎌倉の紫陽花を見に行けるだろうか。

寝室の空気を入れ替えてから犬と散歩、燃えるゴミ出し、ナーベラーの誘引。
ざっと新聞を読んで自転車で出勤。
職場着は6時45分。
今日もまた、日銭を稼ぐための労働を始める。 

午前、先日の精度管理でヘンテコな値を出した機器の調整。
昼食はコンビニのオニギリとカップ味噌汁。
午後は学会対策でエライ先生と話し合い。

--------------------------------------------------------------------------

Mの田舎周辺で食べられている「板ワカメ」
初めて食べたのだけれど、その美味さに仰け反った。
素晴らしい香りと食感。
こりゃ、酒が何升有っても足りないや。

モンダイは、こいつが簡単には手に入らないこと。
品川のお店で買ったのだけれど、もっと近所で扱っている店を探さなければ。


梅雨入り2012年06月09日

昨夜は雨の音を聞きながら眠った。
オトナになってから雨が好きになったのだ。
それがなぜなのか自分でも解らないけれど、雨降りの日は妙に落ち着く。
特に夜の雨が良い。
窓を開けて本でも読めば、こんなに心地よい時は無い。


-------------------------------------------------------------------------


出勤前、小雨の中でキュウリとジューンベリーの収穫。
庭のムスカリは葉も黄色くなり、そろそろ堀り上げの頃かもしれない。
球根を陰干しにし、秋になったらまた植えるのだ。

それに今回は畑拡張の意味もある。
埼玉に借りている大きな畑。 ここがどうやら今年一杯で追い出されそうなのだ。
また次の耕作地を探すまで、自宅の畑だけで我慢しなければならない。
だからムスカリやスイセンを掘り上げて、もうすこし菜園スペースを拡張するのだ。

仕事は特記事項なし。
その他も変わりなし。




昨日の空と今日の寿司2012年06月11日

梅雨入りはしたけれど本降りの雨が降るではなくジメッとした曇りの日。
時おりの霧雨と飽和した湿気。
まあ、これが梅雨というものだ。
1万メートル以上にまで成長した積乱雲から雷鳴と共に大粒の雨が降る。
そんな心地よい真夏の雨とは違うのだ。

朝は5時に起き、自転車で出勤し、昼にコンビニのオニギリを食べ、また自転車を漕いで帰宅。
いつもの月曜日で、普通の日常。

-------------------------------------------------------------------------

いつも行っていた近所の寿司屋さんが廃業し、まだ新しい寿司屋探しの気力がない。
寿司屋とは常連になって面白みが出るもので、その居場所を無くしたショックが大きいからだ。
だから、この頃は自分で寿司を握ることを覚えたのだ。
素人のお遊びだけれど、酢飯をきって寿司を握ることは(味はさておき)思ったよりも簡単だ。

ちなみに、添えてあるワサビは粉ワサビを大根おろしで溶いたもの。
ホンモノのワサビには遠く及ばないけれど、チューブのワサビなどより遥かに美味いのだ。

酒は長野の「川中島 幻舞 無濾過生原酒」
僕好みの酸が立った旨い酒で、やや控えめな吟醸香とあと味の良さ。
週末に腰を据えて呑んだら軽く一升空けてしまうような酒だ。

--------------------------------------------------------------------------

昨日、Mとジョギングをした河川敷。
ここは季節も天気も昼夜すら関係なくいつ来ても本当に気持ちの良い場所だ。
空が広いとはこんなに素晴らしいものなのだと思い出させてくれる。
日頃を職場の窓の無い部屋で過ごしていると、休みの日にはどうしてもこんな場所で過ごしたくなってしまうのだ。



ドライボックスのこと2012年06月12日

まさに梅雨そのものといった天気。
でも、そんな日に見る紫陽花の鮮やかさも格別だ。
季節ごとに似合いの風景がある。
だから今は、こんな灰色の空模様を楽しめば良いのだ。

------------------------------------------------------------------------

そんな雨の日。
ふとドライボックスに付いている湿度計を見たら飽和状態。
まったくマヌケな事に、前回掃除した後にシリカゲルを入れ忘れていたのだ。
買い置きしてあるシリカゲルの袋を二つ放り込めば、やがて庫内は湿度40パーセント。
ドライボックスって素敵。

本当は電動の防湿庫が良いに決まっているけれど、僕が使っているのはナカバヤシのコイツ
光学製品を入れる大きなものと、野菜の種を保存する為に小さなサイズのモノも持っている。
(野菜の種保存に冷蔵庫が推奨されるけれど、最近の冷蔵庫内は加湿されているので要注意)


上記ドライボックスなら、大きな70-300ズームを立てて収納可能。
他にNikonのDX機ボディ、レンズ二本、Panasonicのマイクロファーサーズ機ボディ、レンズ二本。
Nikonのコンデジ一つ、同じくNikonの30ミリ双眼鏡、Vixenの52ミリフィールドスコープとアイピース数個が入っている。
これからの季節は湿気との戦いだ。
海苔など乾物の保存用にもう一つ買っても良いかと思っているんだ。

朝の収穫2012年06月14日

昨日、遊びに来ていたMの娘と話していて以前とはずいぶん違っている事に気付いた。
時事や仕事の話をしていても、なんだかもうすっかり大人なのだ。
それはそうか。 はじめて会ったとき3歳だった子がいつの間にか23歳の社会人なのだから。
いつまで僕の所に顔を出してくれるだろうか。
忙しい合間に電車を3本乗り継いで遊びに来てくれるこの子が可愛い。
勤務があるからと帰ってゆく後姿を見て、少し寂しくなったりもする。

--------------------------------------------------------------------------


明けて梅雨の晴れ間の木曜日。
出勤前に庭の菜園の手入れをし、いくつかの野菜を収穫した。
借りている大きな畑は耕運機も使えるしスイカやジャガイモなど大面積を耕作できる。
反面庭の菜園は狭いけれど、こうしてちょっとした喜びを毎日与えてくれるのだ。
今朝収穫したものは、カラシナ、小松菜、ナス、キュウリ。

--------------------------------------------------------------------------

気持ちの良い初夏の空気の中、自転車で出勤。
職場入りし、すぐに機器のウォームアップ。
その中の一台の可動部に異物を挟み込んでしまい、その復旧に2時間を要す。
ついでに定期交換部品であるフィルタやチューブを代えてしまい午前は終わる。

昼は売店で買ったコロッケパンとメロンパン。
午後、エライ先生の部屋で秘密の談合。
その部屋にあったドルチェグストで淹れたカフェオレが美味しくてお代わり。
アレ、良いな。 自宅に買おうか考え中。



昼が長い2012年06月15日

東京の日の出は4時24分。
ここ数日間が一年で最も昼の長い時期。
それはなんと14時間35分だ。
僕の生活パターンだと、日没の遅さより日の出の早さが嬉しい。
出勤前に畑仕事が出来ると、その日の全てが上手く行く気がする。

予報によれば明日から連日の雨。
思い立って出勤前に布団と枕のカバーを洗濯する。
パリッと糊付けされたものが好きで、花王の洗濯機用キーピングで仕上げ。
一番日当たりの良い二階のバルコニーに干し、自転車で出勤。

仕事は捗らない。
ある部署での滞りが下流の僕の作業を止めている。
今月中に終わらせたい作業量は多いのに、それに着手出来ない事がイラつくのだ。
昼食は職場近所の定食屋でコロッケ定食。
明日からの雨に備え早めに帰宅し、7キロのジョギングをした。

--------------------------------------------------------------------------


3年目のハイビスカス。
派手な花がポッカリと咲いたその場所だけが、何だか明るくなるようだ。
真夏の時期に一休みした後、11月頃まで咲き続けるのだからエライものだ。
剪定と植え替えを欠かず越冬に少し気を使えば、この先もずっと楽しめるだろう。



ワインのこと2012年06月16日

日本酒にはウルサイし、ウイスキーもそれなりに知識はある。
でも、ワインの事は何もしらない。
ついこの前までワインなど喉が渇いたとき炭酸で割ってゴクゴク飲む、と言うくらいのモノだった。
でも、好物の骨付きラムにクレイジーソルトをふって焼いたとき、圧力鍋でチキンを煮込んだとき、
ああコイツには日本酒なんかはまったく合わない。 やっぱり赤ワインだなあ、と思うのだ。

で、この頃はいつものスーパーで安物のワインを良く買うようになった。
1000円位で買えるモノを10本ほど買って飲み比べして見たんだ。
どうやら僕好みの味は、軽過ぎずやや辛口で程よく渋みを含むもの。 
中でも値段の割りに美味いと感じたのは「WOOD BRIDGE」と言うラベルのカリフォルニアワイン。ロバート・モンダヴィというワイナリーのモノだった。
「ロバート・モンダヴィ」という名を覚えておこうと思った。


昨夜パントリーの整理をしていて、あまりの酒の多さに参っていた。
コレでは食料庫ではなく酒蔵だ。
で、その中にアメリカから一時帰国した友人が土産にくれたワインを見つけたのだ。
ラベルには「ロバート・モンダヴィ カベルネ・ソーヴィニヨン2006ナパ・バレー」と有るじゃないか。

そうだ、奴の家はナパ・バレーだから、いわばコイツは地酒なのか。
それもコッチで買うとそれなりに高価なワインらしい。
さすがに気の利いた土産を持ってくるわい。
さっそく抜栓してみたら、コイツは僕が今まで飲んできた安ワインとは次元の違う味だ。

と言う訳で今夜は骨付きラムと赤ワイン。
借りっ放しのDVDを見ながらゆっくりと楽しむのだ。

--------------------------------------------------------------------------

DVDと言えばこのニュース
技術的保護手段を回避して行う複製は、私的使用目的の複製の範囲外となり認められない」
えぇ! リッピングが違法化されるのか? 本気なのか?