台風のこと2019年10月08日

これは気象変動によるものなのか、ただの偶然なのか。
雨、風、そして台風。
ここ数年の間に、自分の身近でそんなものによる被害が出始めた。

エアコンの室外機が転がって車をへこませた友人。
カーポートが倒れ隣家に被害を出した職場の人。
根元から折れた街路樹、マンホールから吹き上げる下水、割れたガラス。
そして、先日の台風15号では母の実家も被災。
長時間の停電は復旧したけれど、家屋の被害は修繕の目途すら立っていない。

気象現象が苛烈化しているのは気のせいではないだろう。
雨も風も、これまでの経験からは想像もできないような被害を出す。
台風が衰えないまま上陸するようになっているのだろうか。
発生数の推移は、そして進路の変化はどうなんだろう。

子供のころは台風が来るとワクワクしたものだ。
夜中までテレビの台風情報を見て、こっちに来い、もっと荒れろとまで思ったっけ。
風に電線が鳴ったり、雨で側溝が溢れたりするのが楽しかった。
それが今では、台風の発生すら憂鬱な気分にさせる。

8日朝の予報では、台風19号はとても危険なものに思える。
15号並みか、それ以上の被害もあるかもしれない。
備えることに限界はある。
やるだけやって、あとは祈るだけ。
衰えろ、あっち行け、と。




この頃のこと2019年10月30日



もはや東京の日の出は6時。
日没はとうに17時を割り16時49分。
つまりは昼時間が10時間49分しかなく、四カ月前に比べ4時間近くも短くなった。
昼はまだまだ痩せ続け、2か月後には更に1時間夜が長くなる。
嗚呼、また冬が来る。

陽が衰えると僕は体調が悪くなる。
毎年この時期になるとそうなんだ。
特に胃痛と腹痛が強く出て、だから普段に増して元気をなくす。
季節の移ろいに驚愕し、年月の積み重ねに言葉を失う。
もう10月が終わろうとしている事にも、平成が終わった事にも、
そして自分がとうに50歳を越えた事さえ信じがたい気分だ。
溜息ばかり。
そんなこの頃。

今年は台風の被害が多く、悲惨な災害となって記憶に残る年となった。
それに比べればあまりに些事だけれど、僕の畑もしっかりと被害を受けた。
例年なら秋ナスが楽しみな頃だけれど、それは根こそぎ折れてしまった。
落花生も里芋も大根も白菜もキャベツも、被害の無い作物は無い。
それでも細々と、趣味の野菜作りを続けている。
やっぱり好きなんだな、と思う。
そんなこの頃。

Mは先日から、半年間に及ぶ研修を受けている。
はじまるまでは気乗りしなかったようだけれど、もともと頭の良い人だもの。
分厚い資料を抱え、何本も電車を乗り換え、嬉々と研修場所に通っているようだ。
平日は通常通り仕事をし、金土日が研修。
キツイだろうが、半年後にはやり遂げて良かったと思っているだろう。
そんなこの頃。