アスパラ出た2017年04月24日


昨日、庭仕事をしていて見つけたアスパラの芽。
畑の隅だから出ていることに気づかなかったよ。
一度植えれば十年は続けて収穫できるアスパラガス。
3-4株植えてあるから、それだけで僕とMが食べる分には充分足りる。
そして採りたてのアスパラの美味い事と言ったらもう。
その甘みを知ってしまったら、やみつきだ。
さっそく数本を折り、茹でてマヨでいただいた。

頑張った甲斐あり、自宅畑の夏野菜準備が終わった。
植え付けは来週かな。
小さな庭だけれど、それでも夏野菜は買う必要がないだけ採れる。
埼玉に借りている畑の作業もすすめなければ。
あちらは玉ねぎを収穫後、スイカを植えるんだ。

長い冬を耐えた分だけ、夏野菜を作りはじめる喜びは大きい。
毎年繰り返してきた作業を今年も出来る有難さ。
休日を畑で過ごす心地よさ。
また今年もそんな季節がやって来た。







昼休みに2017年04月21日

知り合いから、和食屋さんのチラシをもらった。
寿司懐石のコースとか、個室の紹介とか、店内の様子とか。
綺麗に盛られた料理や間接照明の個室。
こんな店に両親を連れて行ったら喜ぶだろうな。
父は、座椅子に座ってゆっくり酒を呑むだろう。
寿司好きな母は、はしゃいで良く笑うだろう。
少し高いけれど、たまには奢ってあげようか。
掘りコタツの個室で、料理はこのコースだ。

そんな妄想にどっぷりと浸かってしまった。
両親を、そんな良い店に連れて行ったことなんて一度もない。
孝行のしたい時分に親はなし、って本当だな。
つまらないな。

スマホ不調2017年04月19日

ここしばらくの間、スマホの不調に苦労していた。
主な症状は以下の通り。
いつの間にか電源落ちしている。
ふと気づくと発熱している。
すごい勢いでバッテリを消耗している。
操作に対する反応が鈍い。
操作に反応しない。

それに対し、再起動や初期化で対応したけれど改善せず。
原因を究明しようとか、誰かに相談しようとかはしていない。
文句を言いながらも解決を図らないのは、スマホにそれほど興味がないからだ。
かと言ってガラケに戻ることもせず、高いと文句を言いながらドコモを使う。
僕の周囲に居る同年代の人たちは、たいていがそんな感じだ。
以前のように携帯電話に興味はないし、出先の作業はノートPCかタブレット。
スマホでゲームもしないし、写真はカメラで撮る。
でも何となくスマホを持っている。

そんなスマホだけれど、今朝データ使用量オーバーのメールが来た。
使用環境は殆どがwifi下で、モバイルデータ通信量は非常に少ない。
だからパケットプランもドコモの一番少ないものにしているのだ。
それが一晩で、1.5GBものモバイル通信をしている。
犯人はGooglePlay開発者サービスとGooglePlayストアで、
大量のデータ通信をした挙句バッテリ切れで電源落ちしたようだ。

もういい加減、嫌になった。
2013年に買って4年使ったスマホだもの。
初期化しても治らないし、今も目の前で発熱している。
こんなポンコツ見たくない。
もう買い替える。
で、本当なら格安スマホとかiPhoneとかにいくのだろうが、
新しい環境に慣れるのが面倒でねえ。
きっとまたドコモ。
きっとまたSONYのXPERIAになるんだろう。


グランドキリン2017年04月17日



ビールが好きだ。
もっと若かったころに比べれば減ったものの、それでもいつも呑んでいる。
普段はヱビスを。 またはプレミアムモルツを。

でも、じっくりとビールを楽しみたいときはエールをやる。
ラガー酵母を使い低温の下面発酵で作るラガービールに対し、
エール酵母を使いやや高温の上面発酵で作ったエールビール。
爽やかな香りと深い味を特徴とするエールビールを呑みだすと止まらない。

そのエール。
今までは「よなよなエール」か「多摩の恵」を好んで呑んでいた。
しかし、多摩の恵は扱い店が少なく、入手に難がある。
そして、普段買い物をしている店で、よなよなエールの欠品が続いていた。
もっと気軽に買えるエールって何だろう、と買ってみたのがグランドキリンIPA。
スーパーで普通に陳列され、何かのついでに買いやすい。

で、呑んでみたのだけれど、これは良いや。
よなよなの強いクセも多摩の恵ほどの芳香も無いけれど、バランス良く飽きがこない。
普段呑むにはちょうどいいだろう。
グランドキリンって毎年のように中身が変わってしまうから、これも限定品だろうか。
できればずっと、コイツを作ってもらえると嬉しいのだが。

           ------------------------------------------

ちなみにビールの左右に写っている緑の野菜は、うちの庭で採れた「のらぼう」
のらぼうは、東京多摩地区から埼玉近辺で良く作られる野菜。
「野良でボーとしている役に立たないもの」として年貢を免れた作物と言われるが、
炒めてもオヒタシでも美味い野菜です。


一人静2017年04月15日



庭の隅に今年も出てきた。
ヒトリシズカ。
あの時、実家から移植したのはこの株だけ。
その後、奴は実家の花壇に除草剤をまき、そこは砂漠化してしまった。
世話をできないのなら、そのまま草生すに任せればいいものを。
そんな事になると解っていたら、もっともっと掘りあげたのに。

母と祖母が集めた草たち。
イカリソウ、ギボウシ、カンアオイ、オダマキ、エビネ、ヤブレガサ、ホトトギス。
今はもうない、山野草たちの花壇を思い出す。
それらを愛でる母や祖母を思い出す。
忘れたくない事が多すぎて、やがて苦しくなってくる。



桃、ほうとう、リニア2017年04月13日

休日にて朝寝して、それでも9時には犬との散歩も終わり。
天気もいいし気温も上がった。
家に居るのももったいないし、車でどこかへ出かけよう。
Mを乗せ、中央自動車道を西へ。


適度なカーブと高低差のあるこの高速道路が好きだ。
やがて雪を冠した南アルプスの峰が見えてくると勝沼も近い。
きっとこの時期、甲府盆地は桃の花が満開だろう。
今年もまた、あの花を見に行こう。

去年も一昨年もその前も、ずっと見てきたじゃない。
歳をとったからか、そんな習慣を大切にしたい。
今年もまた、Mと桃の花を見ることができる。
それが嬉しい。


勝沼に来たとき、いつも気になる場所があった。
ランプウェイからチラリと見えるお堂。
小高い丘の上に建ち、大きな樹が被さっている。
あれは何だろう。

そんな物を探しに行けるのも、目的のない散歩ドライブの良いところ。
ナビの地図で目星をつけて、ウロウロした。
車を降りて丘を登る。
そこで見つけたのは、小さな社だった。
そこに被さっていたのは桜の大木で、ちょうどそれが満開だ。
それは驚くほど美しい光景で、しばらくの間をそこで過ごした。
とても静かな場所で、眼下には葡萄畑が広がっていた。



気温は20度を超えた。
気持ちの良い道を気持ちよく流す。
嗚呼、これで車がロドスタだったら幌を開けて走るのに。
傷めた左腕が上手く動かず、MTのロドスタはもう暫くお預けなのだ。

そして今年の桃の花。
時期が来たら今度は桃狩りに来よう。
なんて呑気に話している僕らの傍らで、農家の方たちが黙々と作業をしていた。
これだけの花を摘蕾し、受粉させ、摘果し、袋掛けをするのだ。
気の遠くなるような努力の果てに、あれほど美味しい実りがある。
有難く頂かないとバチがあたる。


山梨に来たら昼は「ほうとう」だ。
今回は初めて「一泊ほうとう」というものを食べた。
前日に作り、汁に麺を入れたまま一晩置く。
すっかり味の沁みたほうとうは柔らかく優しい味。
これは美味い。
クセになりそうだ。


いつもの場所で、リニア山梨実験線を見た。
桃の花咲く盆地を走るL0系車両。
コイツは最高速度600キロ超の世界記録を達成した凄い奴だ。
子供の頃に読んでいた学研の「科学」で、リニアモーターカーを知った。
その夢の移動手段が、計画通りなら10年後に開通するのだ。
その車両からの景色はどんなだろう。
見てみたい。
それまでに、電車乗れない病を治さないと。

帰りは国道20号線で峠越え。
笹子トンネル先の笹一酒造の売店で日本酒を3本買った。
日本酒とワインの試飲ですっかり上機嫌のMと、気持ちの良い道。
調子に乗って走っていたら危うく速度取り締まりで捕まるところだった。
チラリと見たら、サイン会場には拿捕された車が何台も停まっていた。

帰宅後、父の写真に笹一の酒を供える。
今日は父の誕生日。  元気だったら83歳か。
あれから今年の夏で9年。
9年もあれば、実にいろいろな事が変わる。
母も居なくなってしまったし、実家も無くなってしまった。
変わらないは花ばかり。
年々歳々花相似たり。
歳々年々人同じからず。



肘が痛い2017年04月11日

東京の日の出は5時11分。
その頃に犬と歩きだし、6時過ぎに帰宅。
庭でメダカに餌やりなどしながら犬と遊んでいると、大粒の雨が降り出した。
家に入り、雨に濡れてゆく畑を見ながらお茶を飲む。
そこには昨日引き抜いた菜の花が積み上げてある。
花期を終わり、あとは夏野菜の畑に漉き込んでしまうのだ。
今年もよく食べ、よく愛でた。
大好きな菜の花。  また来年。

出勤は7時過ぎ。
仕事は特記事項なし。
昼食は緑のたぬき。
午後はずっと会議。

仕事絡みで表彰を受けることになり、少しだけ気落ちした。
だってそれが一所懸命している、好きな分野の仕事に関する事ではなかったから。
むしろ雑用だと文句を言いながら、片手間にしていた事だったから。
それでも良く評価してくれるのなら有難く受ける。
副賞もあることだし。

金曜日に痛めた左腕が良くならない。
肘が硬縮し、日常生活にも不自由する。
顔を洗うにも、服を着るにも、洗濯物を干すにも片手では不自由なのだ。
医者は良くなるのに2-3週間は掛かると言った。
痛みだけでも先に退いてくれれば有難いのだが。

10代の終わりに事故で怪我をしたあの頃を思い出す。
長い入院生活からリハビリを経ての1年以上、僕は片腕で生活したのだ。
あんなに苦労して動くようにした腕だもの。
もっと大切に使わなくっちゃ。

夕飯はMと鍋。
もうすぐ鍋もストーブも季節が終わる。
だから名残りを惜しむように食べた。
ストーブで沸かした燗酒って、なんだかとても美味しい。





ジャガイモ発芽2017年04月08日



よし、今年もジャガイモの芽が出揃った。
だいぶ作付けを減らし、今年は畝二本。
これでも僕とM、そして職場で配る分には充分だ。
失敗の無いジャガイモは、家庭菜園の優等生。
収穫が今から楽しみだ。

昨日、庭と畑で一日遊び汗をかいた。
その報いは、動かない左肘とその激痛。
10代の頃のバイク事故でメチャメチャにつぶしてしまった左腕。
無理は禁物なのだけれど、畑に出るとどうしてもそれを忘れてしまう。
今朝はその痛みに耐えかね、念のためのレントゲン検査。
ロキソプロフェンテープを出してもらい、安静にしている。
明日の日曜日までに、良くなると良いのだけれど。

何?明日の東京は雨?
ああ、これで畑のことを考えずゆっくり休めるか。
もうこうなると畑中毒だな。


キャベツをもりもり食べる2017年04月06日




自宅の畑で、キャベツがいくつも出番を待っている。
この時期のキャベツは甘くて美味い。
だから毎日のように食べている。

生で、茹でて、塩もみにして、炒めて。
何にしても飽きることなく食べられるのが春キャベツ。
玉が割れ花を咲かすまで、もう少し。
だから、今日ももりもり食べる。





蕗を探す2017年04月04日

二十四節季の「清明」
清々しく明るい頃。 まさにそんな日。
東京の日の出は5時23分。
穏やかな南風が暖気を運び、昼過ぎに職場中庭で見た温度計は16度。
ベンチに座ってカレーパンを食べていたら、なんだか眠たくなってしまった。

桜もいよいよ満開か。
桜の花は好きだ。
でも、風物詩としての桜があまり得意ではない。
テレビのニュースで花見の映像が流れるとチャンネルを変える。
桜の名所でもある近所の都立公園など、今は近づきたくもない。
なぜだろう。
自宅にも桜を植え、毎年桜のトンネルを通学していたのに。
深夜、犬と見上げる桜が好きだ。
車窓から見る山間の桜が好きだ。
今はもう無くなってしまった、記憶の中にある桜が好きだ。

仕事は特記事項なし。
新人研修進行中。
よって、自分のルーチンワークはすべて放棄。

       ------------------------------------------------

仕事帰り、ホームセンタに蕗(ふき)の苗を探しに行く。
しかし売り切れ。 うなだれて帰宅。
塀を隔てた実家には、蕗とミョウガが群生する。
まだ親が健在だったころは、時期になるとそれを摘みに行ったものだ。
しかしもうそこは、入りたくない場所になってしまった。

先日、庭の西の隅を耕した。
そこは桜と夾竹桃の木陰。
他の植物はよく育たない湿った日陰。
でも、そんな環境が好きな植物もある。
蕗とミョウガだ。
一度植えれば何年も続けて収穫できる僕の好物。

ミョウガは実家から塀をくぐって地下茎が伸びたものを引き抜いた。
その20本ほどを新しい日陰畑に植えた。
それはもうすぐ発芽して、夏にはもう収穫できるだろう。
あとは蕗だ。
どこかで買うか。 夜陰に乗じ実家に堀りに行くか。
植え付けるなら、今が好期だ。