暑い日に渋滞にハマる2019年08月09日

立秋も過ぎた。
でも朝から陽射しはやる気満々で、8時にはすでに30度を越えた。
暑い暑いと文句を言ったって、やっぱり夏は好き。
平日、仕事休み、晴れ、暑い。
この組み合わせは、今期あと何度あるか解らない。
だから、一回だって無駄には出来ないんだ。

山梨に桃狩りに行こうと、Mと家を出た。
しかし、中央自動車道は日野バス停の事故で大渋滞。

それなら国道20号で高尾にでも行こうか。 
でも中央道の渋滞のあおりでそこも全く動かず。

だったら圏央道に逃げて秩父にするか。
するとそれも青梅トンネルの事故で30キロ繋がっているという。

じゃ鎌倉街道から129号に抜けて江の島に行くか。
なんとその129号、橋本五差路で車が信号に突っ込んで通行止め。
その影響で16号も大渋滞。

ナビの地図はどこも渋滞を表す赤い線で上書きされている。
そしてその中心に、いま自分たちは居る。
渋滞に囲まれちまった。
いくら夏休みの人が多いと言ったって、なんでそんなに事故ばかりなんだ。

車外温度計は38度。
周りは渋滞の車で埋め尽くされている。
もうどこかへ行くのではなく、ただこの場から抜け出したい。
家を出て3時間。
トイレも行きたいし喉も乾いた。
少しでも車の少ない方へ。
少しでも流れる方へ。

           ---------------------------------------------

そんな風にして混雑から這い出し、相模川方面に出た。
車を停めてコンビニで用を済ませ、お茶を買って河川敷を散歩。
むこうに丹沢山塊の、いつか歩いた山が見える。
入道雲、ヒマワリ、煩いほどの蝉、むせ返るような暑さ。
ああ、これこれ、と思う。
思いがけず僕の好きな夏の景色を見つけることが出来た。


河で涼んで生き返って、走りなれた412号線に出た。
車と人の少ない場所に行こう。
その先は宮ケ瀬湖と宮ケ瀬ダム。
幅375メートルで高さは156メートルの、国内でも屈指の大きなダムとの説明が有った。


下から見上げると、まさに巨大。
その躯体内の通路は寒いほどだ。
週に1、2度、時間を定めて放水する。
観光放水と言うけれど僕らが見た回は人も多くなく、もっと宣伝すれば良いのにと思う。

いや、今日は暑すぎてここまで来ないのかな。
駐車場脇の公園は子供たちがたくさん遊んでいたけれど、
ここまでは徒歩20分かかるから。


40分ほど時間を潰し、毎秒30トンの放水を見た。
轟音と水煙と冷気。
爽快だ。

そして家路へ。
今日はどこへ向かっても事故渋滞。
もうウンザリだよ、と話しながら運転した。
そして、自宅近くの五日市街道でまた大渋滞。
やがて警官が来て、この先で火災が有り通行止めだという。

でもそれが、僕ら行きつけのステーキ屋さんの火事だと知って、呆然とした。
あのお店が火事だって。
また近々行こうと言っていたのに。

渋滞と夏の景色と驚きと。
家に帰ったらワンコがエアコンの入った部屋でイビキをかいて眠っていた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策で認証を入れます。
それから と4文字入力して頂ければコメント残せます。

コメント:

トラックバック