雨の田2019年06月10日

ほぼ平年通りに梅雨入りした関東。
今年の梅雨はどんな降り方をするのだろう。
被害の出ないように適度に降ってくれたら良いけれど、
気象現象が激烈化しつつあるように感じるこの頃だから油断はできない。

今年もまた、例年通りに趣味の野菜作りをしている。
春には春の、夏には夏の野菜を育てる。
雨や強風から守り、日照りや酷暑の対策をし、見守り手間暇をかける。
仕事が休みの日、天気が悪くても畑に行く。
もし何も作業が無くっても、ただ畑に行くだけで気分が良いからだ。

昨日は自宅の畑でナスの支柱立て、トマトの芽かき、ルッコラとキャベツの収穫。
埼玉の畑ではゴボウを植え、スイカの整枝をし、ニラを収穫した。
ジャガイモはもう少しで収穫。
ナスとキュウリはもう収穫が始まっている。


自宅から埼玉に借りている畑まで車で40分。
そこから更に30分走ると荒川の河川敷に着く。
その堤防の内側は広大な田で、この時期はもう田植えも終わり緑が濃い。

僕はこの場所が好きで、何かというとここに来る。
そしてコンビニで買ったコーヒーを飲んだり、ボンヤリしたり。
小雨の今日、そこはもう煩いほどのカエルの合唱。
雨の匂いと、用水路の音と、カエルの声。
車の中でそんなものを楽しんでいたら、何だか眠たくなってしまった。