家の整理2018年12月04日

事務仕事に飽いて、職場中庭を散歩した14時。
気温23.5度。
低い雲と生暖かい南風。
とても師走とは思えぬ気配に、妖しさすら感じる。
これが一転、週末から真冬の寒さだという。

自律神経がふがいなく喘息気味な僕は、こういう変動に弱い。
気をつけないと。
ただでさえ、この頃は不調が続く。
血圧が上がり始めているし、不眠も胃痛もいつもの事。

きっとここ数年間の怠惰で無精で無為好褥的な生活が心身を蝕んだのだろう。
ちょっと何とかしなければ、と思うけれど何とか出来るほど前向きでもない。
せめて体重を5キロ落とす決心をし、放置してあった体重計に電池を入れた。

さて、5キロ落とすのにどれだけの時間が掛かるだろうか。
かつてスポーツジムで月に200キロも走り込んでいた。
あれはきっと、今の僕と違う誰かなんだろう。

先日、物置の設置工事が終わった。
それをきっかけに、家の整理に励んでいる。
家電やPC関係の空箱をたたみ資源ごみに出した。
もう使わないだろう趣味の道具は貰い手を探し、それも無ければ廃棄した。
古くなった服を犬の布団にし、備蓄品の賞味期限を確認し、防災袋の中身を一新した。

車用品、畑用品、釣りバイクその他趣味用品を仕分け、
物置に仕舞うもの、家の収納に仕舞うもの、クロゼットに仕舞うものに分類した。
こうしてみると、身の回りの何とサッパリすることか。
もっと整理できるものは無いか、捨てるものは無いかと考え始めるほどだ。

問題は両親に関係するものを捨てられないこと。
いや、それは問題ではなく仕方のない事なのだけれど、その量が多いのだ。
居なくなった人の遺品整理ほど、精神の疲労を伴うものは無い。
いつかやろうと決め、今回もまた箱に仕舞い収納の奥に置くこととした。
そう言えば冷凍庫にはまだ、母が作った餃子が入っているな。
もう食べられないだろうし、取っておいてどうするのか。
でももうしばらく、あそこに置いておくか、とも思う。


この頃のこと2018年12月08日

もう大雪も過ぎた。
冬至は22日で、それを過ぎればあっという間に大晦日がやって来る。
毎年繰り返される師走の時期の慌ただしさ。
そして今年も成せなかった諸々への自責や悔い。
12月は苦手だ。
いっそ早く1月や2月がやって来たらいい。

でも一つ、年末年始に楽しみが出来た。
先日Mの娘から連絡があり、その頃に僕の家に泊まりに来ると言う。
年末年始を共に過ごすのは恒例となっていたけれど、
彼との生活をはじめ、今年からはもう僕の家に来ないと思っていたんだ。
そうか、彼だけ熊本の実家へ帰り君はこっちで年越しか。
良いぞ良いぞ。
カニやら肉やらお節やら、たくさんの準備をしよう。

人間ドックの結果が帰ってきて、今回も溜息をつく。
もう若くないのだと、その結果から嫌というほど自覚させられる。
体重を落とし、運動をし、酒を控え、規則正しい生活をせよ。
データ表にそう言われている気がする。
それは解っているのだけれど。
でも、体重だけは年内にある程度の結果を出すつもりだ。
じりじり上がって来た血圧への対処は、まず減量から。

老犬の夜鳴きに起こされる事が増えてきた。
真夜中、悲鳴のように。 あるいは悲しげに鳴く犬。
声をかけ、しばらく目の前に居てやると安心したように眠りにつく。
これも老化の一つであると獣医師は言う。
僕だって歳をとったのだもの。
犬が老いて当然だ。

ケージの暖房とか、留守中のラジオとか、ネットワークカメラでの見守りとか。
あと何が出来るだろう。
出来るだけ一緒の時間を作ってやりたいけれど、昼間はどうしても独りにさせてしまう。
それが僕だって辛いのだ。





822018年12月13日

突然に、寒さが本格化した。
来週にはもう冬至だもの、夜が長くても寒くても当たり前。
それは冬嫌いな僕には、気が塞ぐ時期でもある。
いつもうつむき、溜息をつく。
窓を閉め切り、カーテンをひき、厚着をする。
こんな頃に、母は生まれた。
 

母の誕生日に菜飯を炊く。
僕の作り方は新鮮な大根の葉をさっと茹で、少し塩をしてぎゅと絞る。
それを炊きたてのご飯に混ぜてゴマを散らすだけ。
たったこれだけのものが凄く美味い。

この時期に母はよく菜飯を作った。
菜飯は母の好物で、大根の白いところよりむしろ葉を好んだほどだ。
だから僕が畑から大根を抜いてくると、何より葉の良いところを持て行ったものだ。
母だけじゃない。
父も祖母もみな、菜飯を美味い美味いと食べたっけ。
懐かしい。

元気だったら、母は82歳。
あれからもう4年以上経ち、母の写真に5度目の菜飯を供えた。


山梨散歩2018年12月14日

仕事は休み。
朝寝しようと思っていたけれど、いつもと同じ時間に犬に起こされた。
冷たい北風の、寒い金曜日。
でも、空は抜けるように青い。


車で散歩に出ようかとMを起こし、調布から中央自動車道に乗った。
八王子を過ぎた頃から山が濃くなり、
いくつかのトンネルを抜けて山梨に入れば視界が広がる。
僕はこの道が大好きなんだ。


南アルプスが見え始めたあたりで高速を降りた。
「信玄餅」で有名な桔梗屋さんは、工場の見学とアウトレットが楽しい。
賞味期限が近い信玄餅を半額で。
あとはリンゴと洋ナシを買った。

平日だというのに、大型バスが何台も入って来た。
やっぱりここは人気なんだね。
混む前に逃げよう。


以前たまたま入って美味しかったお店を探したいけれど、店名を忘れてしまった。
でも便利になったもので、スマホの検索結果をナビに飛ばせる。
「塩山」「古民家」「ほうとう」ですぐに出てきた。
野菜が美味しい完熟屋さん。
ここで昼飯にしよう。


これがそのお店のほうとうセット。
ほうとうは勿論だけれど、野菜スティックや天婦羅もとても美味い。
農業法人の経営するお店だから、野菜もやっぱりプロの味だ。

店内も居心地よく、そのまま昼寝してしまいたくなる。
板張りの床に掘りごたつ。
昔の祖父母の家を思い出す。


まだ昼だし、もう少し走ろうかと西へ向かう。
甲府駅周辺をウロウロしてから、武田神社へ。
武田家三代が居住した屋敷跡に作られた神社で、武田信玄を祭神としている。

とても静かな場所で、御朱印を頂いたあとアウトレットで買った信玄餅を食べた。
信玄餅って武田信玄が戦闘食として作らせたんだったっけ。
ほうとうも信玄の陣中食だったよな。
甲斐の虎と恐れられた信玄だけれど、意外と美食家だったんだろうか。
など言いながら食べた。
高台からは富士、そして遠く南アルプスが見える。


甲府昭和ICから高速で一気に帰っても良いのだけれど、もう少し走りたい。
そう言えば日本酒が残り少ないからと、笹一酒造に行った。
山梨からの帰りに良く通る甲州街道。
勝沼を過ぎトンネルで笹子峠を抜けるとそれは在る。

以前は銘酒と呼ばれる様々な日本酒を買い集めては飲んでいた。
でもこの頃は、自分で買いに行ける場所にある酒蔵で買える酒を好んで飲む。
東京だったら田村酒造、石川酒造、小澤酒造。
秩父の武甲政宗や秩父錦。 そして笹一。
そんな場所に行っては数本買いこみ、無くなったらまたドライブがてら買いに行く。
それが楽しい。

大月から高速で帰宅。
帰りはずっとルームミラーに奥多摩の稜線を見ながら走った。
この頃、山歩きをしていない。
空気の澄んだ冬の時期に、また大岳や御前山に行ってみたいものだ。


年末にいろいろ捨てること2018年12月18日

冬至を前に、一年で最も夜の深い時期。
夏の間は明るい道を歩いた犬との散歩も、今は日の出前と日没後。
休日でもなければ庭の畑ですら陽の下の様子を見ることは無い。
猛暑ですら懐かしく夏を思い出す。
寒いのも暗いのも嫌いだ。

先月末、庭の隅に物置を設置した。
季節ものや工具、農具などをそこに収納するためにだ。
それをいい機会に、家の整理を進めている。
この家が出来てからの8年間に溜まった雑貨。
壊れた家電やもう着ない服。
捨て方に困り放置していた物。
そしてこんな気分の時でないと捨てないだろう、数々の品。

あるものは不燃ごみに、あるものは粗大ごみに。
仕舞い込んでいた古いPCとバッテリをリサイクルに出し、
スクータを売り、勢い余って使わないダイソンの掃除機まで捨てた。
手放した膨大な物たち。
そしてすっきりとした家。
物を処分することが、こんなに快感だったなんて。

年内に、不燃ごみの収集はあと一回。
その日に何か捨てるものは無いか、今からあれこれ考えている。
景品でもらったコップとか。
ベータのビデオデッキとか、ゲーム機とか。
確定申告や相続関係の膨大な書類はいつまで保存すれば良いんだったかな。
あれを捨てる事が出来たら、きっとホッとするだろう。





ストレスのこと2018年12月21日

今日、東京の昼時間は9時間45分。
この一年で最も短い昼は、明日の冬至を経て25日には9時間46分。
たった1分の変化だけれど、昼が長くなりはじめることに変わりはない。
12月末にそれは9時間48分。
1月末に10時間25分。
2月末には11時間22分。
凄いな、と思う。
天上の、淡々とそして精緻な移ろい。

それに比べ、師走と言われるこの時期の慌ただしさ。
年内のうちにこれだけは、とか。
今年中にあれだけは、とか。
自分で忙しさを引き寄せているのかもしれないけれど。

忘年会という名目の飲み会はほぼ終わり。
自宅の整理を進めているのは前回の日記に書いた通り。
特に大掃除をせぬなら、あとはお節の準備と年賀状か。
その年賀状も今年から減らすつもり。
ずっと会っておらず近況報告も無いのなら、年賀状の意味も薄いだろう。

        ------------------------------------

ここしばらく、病院通いが続いていた。
人間ドック、定期検査、追加の検査。
そして昨日は頭痛外来に行き、頭の画像診断を受けてきた。
いつも頭が痛い。 
でも脳に異常はなく、ストレスによる筋緊張性の頭痛だろうとの事。
またストレスかよ。

24時間心電図で不整脈を指摘され、でも追加の検査で心臓に異常はなし。
胃痛では内視鏡検査で胃の出血を認め、
心療内科で早朝覚醒の相談をし、
慢性の腹痛ももちろん、その全てがストレスのせいにされる。

いったい、何に対してそれほど精神的緊張を感じているんだろう。
自分でもよく解らない。
もうこれを性格と割り切るしかないのか。
これら症状は防衛反応だと納得すれば良いのか。
面倒だけれど、そんな自分と付き合うしかない。



クリスマス2018年12月25日

クリスマス。
22日の冬至を経て、昼時間が1分だけ伸びた。
その1分が嬉しい。
そんな暦を見ていると、クリスマスの起源は「冬至の祭り」だった説に肯いてしまう。
キリストの誕生日が何日だったのかは解っていない。
聖書にキリストの産まれた日は記されていない。
学者によって、それは秋だったとか春だったとか様々な説がある。

古代の冬至祭りとキリストがなぜかくっついて、
クリスマス=キリストの誕生祭になったんだろう。
それを思えば、キリスト教でない人が冬至を祝っても少しも変じゃない。
これから昼が長くなる冬至は、冬の厳しさの中で数少ない希望だもの。

そしてクリスマスが過ぎればもう年末、そして新しい年がやって来る。
今年を見送り新年を迎える。
そんな覚悟も期待も諦めも無いままに、時間がどんどん過ぎる。


先日、家の外壁に高圧洗浄をかけていて見つけたモミジ。
どこかから種が飛んで来たんだろう。
家の北側の、廃棄したコンクリートブロックの隙間から芽を出していたんだ。
脇に生えていたタマリュウと共に鉢に取り、出窓に置いた。
一人前に紅葉していて可愛いな。
しばらく育て、もう少し大きくなったら地面に戻してやろうか。
それとも鉢植えのまま盆栽に仕立ててみようか。
部屋の中で紅葉を見られたら、それも楽しいだろう。



ラーメン納め2018年12月29日

仕事に行き詰って、どうしようもなくなって、冷や汗をかいて。
そんな夢に苦しんでいた午前4時、犬に起こされた。
歳とってだいぶ衰えたけれど、オシッコしたいよ、と教えてくれる。
そんな老犬と散歩に出て、夜明け前の素晴らしい星空を見た。

冬の星座は西へ傾き、明け方の天上はもう春。
獅子座が南中し、レグルスとスピカの間に下弦の月。
そして素晴らしい金星の輝き。
犬が起こしてくれなかったら、まだ悪夢に苦しんでいただろう。
だんだんと明けの気配を帯びてくる空を見ながら、ぐるっと駅前まで歩いた。

出勤は6時半。
車のラジオはこの冬一番の強い寒気が流れ込んでいること。
都心は今期最初の冬日となったことを告げている。
職場は相変わらず騒々しい。
この職場は年中無休で24時間動いているからだ。
正月期間も出勤する人たちと打ち合わせ。
インフルエンザ発生の報告があり、対策会議。

昼、ラーメン納め。
大掃除の合間にでも食べに来る人が多いのか、店は大混雑。
早々に退散し、午後はずっと事務仕事。


夜、買い物せずに帰宅したので食料に乏しい。
冷凍牛丼の元を解凍しワインを飲む。
Mは連続夜勤中。 明日、疲れ果てて帰って来るだろう。

Mの娘、今年も僕の家で年越しをすると連絡をよこす。
一人で大晦日の日に来ると言う。
春から彼氏と住んでいるので、もうこの家から足が遠のくと思っていた。
どんな理由か解らないけれど、僕の家に来てくれる事が嬉しくてならない。
彼女の好きなエビやらカニやらを大量に買い込もう。
畑から大根や白菜をとってこよう。
布団も干さなくちゃ。
明日はそんな準備で忙しくなりそうだ。

次の出勤は1月4日。
呼び出しが無ければ5連休となる。
僕にとって5日もの連休はとても珍しい事。
MもMの娘も2日から仕事だから、久しぶりに犬と畑で遊ぼうか。