散りはじめた2016年10月03日



咲いたと思ったら、もう散り始める。
雨に打たれ、地面をオレンジに染める。
数日後には台風の荒天ですべて散り果て、また寡黙な樹に戻るだろう。
普段が地味だからこそ、この秋の数日間がまるで祭りのように華やかなんだ。
2016年の金木犀の数日が、間もなく終わる。

動悸を感じた気がして、朝4時に飛び起きた。
本当の動悸だったのか夢だったのかは解らない。
でもその後、自分の脈をとっていて冷や汗が滲むのを感じた。
不安が不整脈を呼び、それでまた不安を増す。
やっぱり駄目だ。 
一度キッチリと受診しよう。
20代の頃から付き合っている期外収縮。
でも専門医を受診したのは最初だけで、もう長い事マトモな治療をしていないのだ。

雨の予報にて車で出勤。
新しい車にまだ慣れていなくて、通勤時に注意が散漫になる。
運転支援が沢山付いているのは良いけれど、車が出す様々なアラームが面倒だ。
前車が発進したとか、車線を逸脱したとか、死角に他車が居るとか。 解ってるから。
分厚いマニュアルを読む時間を作らなければ。
ただ運転を楽しむだけのロードスターに乗りたい。
でもそれはこの頃の悪天を避け、仕舞いこんでしまった。
それにアレはどこかへの足ではなく、その運転を目的として乗りたいんだ。

仕事は特記事項なし。
帰宅すると夜勤明けのMはまだ眠っていた。
ポストには懇意にしていた地酒屋さんの廃業を告げる手紙。
100年続いたお店が看板を下ろしてしまう。
それほど酒専門店の経営は苦しいんだろうか。

夕飯は、今期最後になるだろうニガウリを収穫しチャンプル。
これもそろそろ終わりなナスもとり、素揚げに。
犬には鶏胸肉を煮た。

明日は仕事休み。
少しだけ寝坊をしたい。



どうもこの頃2016年10月05日

夢なのか不整脈なのか、切っ掛けは解らないけれど飛び起きたら午前3時。
どうもこれは、癖になってしまったな。
この頃、朝までぐっすり眠ったという記憶が無い。
でも今はちょうど24時間心電図を記録中だ。
昨日、循環器外来で測定機器をつけて貰ったのだ。
だからこんなエピソードは歓迎だ。
これで夜中に飛び起きる理由が解るだろうか。

明るくなってきた午前5時。
その後ふたたび眠れず、それを待ち遠しく迎えた。
でも周囲が明るくなり生活音に満ちてくると、また眠くなるのはなぜなのか。
そんな僕の気配を感じたか、階下から犬が呼ぶ。
それを切っ掛けに布団を出て、朝の散歩。
天気はいまいち。
この頃の長雨で、先日植えたレタスは腐ってしまった。
漬物用にと育てていたタカノツメにも病気が出ている。
この秋は野菜が高騰するかもしれない。

仕事は特記事項なし。
昼食は「すき家」まで出て久しぶりに牛丼を食べた。
そして昼時の混雑に酔い、不調になって職場に逃げ帰る。
あー、何をやっても今は駄目だ、と思う。
こんな時は大人しく家に帰り、本でも読みながらウイスキーを舐めるとしよう。

夜、Mの娘より着信。
明日、明後日と泊まりに来たいとのこと。
では、先日買った電気フライヤーで天麩羅を作ろうか。
明後日は僕も休みだから、新しい車でドライブにでも行こう。






寒露2016年10月08日

Mとその娘が帰り、雨の底にひっそりと建つ家に独り。
今日は寒露。冷たい露のころ。
なるほど、朝の散歩は気温18度。
またひとつ季節がすすんだ。


晩、塩鯖を焼き冷凍の飯を食う。
そして久しぶりの静かな夜に、本を読む。
「夢十夜」の最初の一篇が好きだ。


鍋はじめ2016年10月10日



抱くと、犬を暖かく感じる季節になった。
そんな夜、今期はじめての独り鍋。
独り鍋って素敵だ。
本を読んだり酒を呑んだりしながら、自分の按配で夜を過ごせる。
これからの季節、長くなった夜を鍋でしのぐのだ。


コロッケ2016年10月12日

東京の日の出は5時45分。 
日没は17時10分。
この時期になればもう、犬との夕方の散歩は暗がりの中。
朝の散歩だって間もなく夜明け前に歩く事になる。
年間を通して同じ時間に歩くから、僕と犬とは日出没時間に敏感だ。

ようやく秋の高気圧が上空を覆い、長かった秋雨も去った。
これからはこの時期らしい爽やかな日が増えそう。
畑もやりたい、山にも行きたい、釣りもしたい。
でもどうにもこの頃の不調が、そんな気力を削いでしまう。
人間ドックと先日の24時間心電図の結果が出揃えば少し気が晴れるだろうか。
とにかくただ座して結果を待つと言うのが嫌なのだ。

昨日はMの大腸検査。
朝9時半に病院入りして、出たのが16時。
いくらなんでもこれは時間が掛かりすぎだ。
大腸検査は前処置が有るから時間が掛かるのは仕方が無い。
でも、準備が出来てから実に4時間も待たされたのだ。
それでも結果が良ければ全てよし。
医師に口頭で聞いただけだけれど、特に異常は無く組織も取っていないとのこと。
この頃、Mの不調も続いていたのでこの一つの吉報が嬉しい。

それにしても、健診を受けるたびに後悔する事がある。
あの頃、なぜ母をそれに誘わなかったのか。
毎年僕とMが行っている検診をたった一言、一緒に受診しようよと母に言っていたら。
いや、病院嫌いの母はきっとそれを嫌がり受診しなかったろう。
それでも、どうしても思ってしまう。
あの時もし、母の大腸健診をしていたら。
今まだ僕の目の前に母が居たかも知れない。
母にあんな辛い思いをさせずにすんだかもしれない。
もしもしもし。 と、ずっとそんな事を考える。



夜、Mとコロッケを作った。
そうだ、揚げたてのコロッケって、こんなに美味しかったんだ。
あつあつの大きなコロッケに齧りつく。
なんて懐かしい味だろう。
ああ、母のコロッケが食べたい。


肉まん素敵2016年10月14日

二階で窓を開けたまま寝ていたら、肌寒くて目が覚めた。
夜明け時、外の気温は14度。
長袖を着て犬と散歩をし、桜の落ち葉を掃き、枯れた朝顔を整理する。
今期初めてトイレの暖房を入れる朝。
夜勤入りまで寝ているだろうMを起こさぬよう、そっと出勤。

出勤途中、いつものコンビニで肉まんとコーヒーを買う。
その温かさがうれしい。
おでんとか、鍋とか、朝の肉まんとか。
寒い季節も嫌な事ばかりではないな、と思う。

職場入りは7時。
仕事は特記事項なし。
忙しく働いているときは忘れている不整脈が、椅子に座って休むと自覚される。
夜もそうだ。 さあ寝ようと布団に入ると心臓の鼓動が気になって仕方が無い。
来週の受診でその辺を相談してみよう。
造影CTで心臓に異常が無い事は解っているから、むしろ安定剤が効くのかもしれない。

昼食は差し入れで貰った稲荷寿司とインスタント味噌汁。
午後、また面倒な仕事を持ち込まれて不機嫌になる。
以前に比べ、人前で話す仕事が多くなってしまった。
一時間で良いです、と言うけれど、その一時間話す事がどれほど大変か。
資料作りや原稿書きにどれほど時間を割かれるか。
そんな事を考えているとまた不整脈が出るのだ。

写真は昨日Mと行った秩父の最奥、三峰神社。
狼信仰で有名で、だから広大な敷地内に沢山ある狛犬は全て狼。


ご神木。
手の届く場所が黒光りしている。
みんな、何かを祈りながらこの樹を摩る。
僕も、もちろん触ってきた。




カリオストロと落花生2016年10月17日

自宅のHDDレコーダが、テレビを勝手に録画してくれる。
先日、どんな語句に反応したのか「ルパン三世カリオストロの城」が録れていた。
おー、懐かしいね、など言いながらMとそれを見る。
そして二人とも、台詞まで暗記している事に気付いた。
Mとこの映画を見るのは初めてだ。
互いに、それぞれの環境で過去に何度も見てきたのだろう。

この映画が公開されたとき、僕はたぶん小学校6年生だった。
吉祥寺の映画館で友人と見たのを覚えている。
その時Mは鳥取の倉吉に住んでいて、中学生。
神社の神主をしていた祖父と映画館に行ったらしい。
そんなに違う境遇に育った者同士が、やがて知り合って20年以上も一緒に居る。
面白いな、と思う。

          -----------------------------------------------


昨日、僕の畑から落花生を掘り上げた。

母の実家は落花生の産地だ。
子供の頃、毎年この時期になると落花生が送られてきた。
それは掘り上げたままの、干す前の生豆。
それをさやごと塩茹でにして食べるのが僕も兄も両親も好きだった。
甘く香りよく、少ししょっぱい味がする。
そうだ、親父の酒の肴や子供のオヤツに、この時期はいつも塩茹で落花生だった。

やがて母の両親が居なくなり、畑を作らなくなってしまった。
だから東京の我が家で塩茹で落花生が食べられることはなかった。
生の豆など店頭に並ぶものでは無いから。

僕が埼玉に畑を借りて、落花生を作り始めたのは8年ほど前。
長い時間を経て、また我が家に塩茹で落花生が出た日の事を良く覚えている。
両親が笑いながら懐かしみ、すっかり酒飲みになっていた僕も肴に楽しんだ。



父がいなくなり、母もいなくなった。
それでも僕は落花生を作っている。
収穫直後の新鮮なモノを濃い目の塩で50分ほど茹でる。
冷凍保存ができるから、茹でたものを小分けにして暫くは楽しめる。
酒の肴に少しずつ食べよう。

これを食べると、色々な事を思い出す。
またあの頃のように家族でこれを食べられたら、と思う。
そんな事、もう出来ないのに。
それを今は辛く感じても、良い思い出を貰った自分は幸せだと思う。
塩茹で落花生はやっぱり美味い。

皇居東御苑2016年10月20日

所用にて、Mと丸の内・大手町。
人が多くクラクラする。
用事を済ます間、ずっとお堀の向こう側を考えていた。 
あそこはひっそりと静かだろうか。
抜けるような青空と濃い緑。
東京の中心、皇居だ。


警備が厳しく入り辛い印象の皇居だけれど、吹上御所地区を除いて開放されている。
大きな荷物を持っていたらチェックを受けるけれど、殆どはすんなり入れる。
入り口でこんな札を貰う。
そして出るときに返す。 ただそれだけだ。


パレスホテル前から入ろう。
渋滞の内堀通りを抜けお堀を渡れば別世界。
400年前に作られた江戸城の正門、大手門をくぐる。
もうそれだけで、空気まで違う気がする。


百人番所。
ここでかつては甲賀、伊賀などの組が入城者の検問をしていた。
静かに佇む昔の建築と、その後ろの高層ビルと。



本丸へと続く汐見坂。
当時はここから海が綺麗に見えたらしい。
この石組みは大改修で一度バラされ組みなおされた。
結構急な坂で、僕らは息を切らしながら歩いた。


天守台。
ここにはかつて、三代将軍の1638年に完成した国内最大の天守閣があった。
地上からの高さは58メートルあったという。
その姿を想像してみても上手く理解できない。
とにかく石組みが立派で、重機も無い当時どうやって積み上げたのか。

天守閣は完成の19年後、江戸大火(振り袖火事)の飛び火により消失。
それ以後再建されなかった。
今もしここに、それが存在したらと思ってみる。
復元しようとの話を以前聞いた事が有ったけれど、どうなったのだろう。


その後北の丸に抜け、武道館脇から千鳥ヶ淵に出た。
お堀の向こうのかつての江戸城と、今の東京を行ったり来たり。
3時間ほど散歩して、車で帰宅。
都心は嫌いだけれど、でもこんな散歩もたまには良い。
良い天気で、すっかり日焼けしてしまった。


24時間2016年10月21日

先日やった24時間心電図。
その解析結果が出たというので話を聞きに行く。
丸一日の測定中、全脈拍の1パーセントが心室性期外収縮。
不整脈の数としては多いといえる。
でもその数の多さはそれほど問題とはならず、即治療の対象ともしないとの事。
そして心エコーや以前やった冠動脈造影CTの結果は全く問題が無いという。

つまり心臓そのものは健康で、動悸や不整脈は神経性のものなのだ。
だから具合が悪いときに飲むべきは心臓の薬ではなく安定剤。
うーむうーむと唸りながら帰宅。
やっぱりそっちだったのか。
心臓は何とも無いのだ、と自信を持つことで治ってしまうかもしれない。
そんな、いかにも僕にありそうな今回の不整脈騒動。
でも多数の不整脈が有るのは事実なので、これからも注意はしていこう。

また、脈が少し速いので心臓を落ち着かせてみようか、と言う事になった。
ベータブロッカーを服用し、しばらく様子を見ることとする。
次の受診は2週間後。
それまで一日に二度、血圧と脈拍を測ることとする。



観閲式2016年10月23日

自衛隊観閲式。
陸海空と輪番で、今年は陸。
僕は野外医療ユニットと手術システムの見学。
その後案内された席がとても良い場所で、持って行った300ミリ望遠には近すぎた。
それでも200枚ほど撮り、所用にて早々に帰宅。

防衛医大生を観閲する安倍首相他数枚をアップ。