カイワレ栽培は楽しい2013年10月02日

風が心地よくて、あの海の防波堤で昼寝でもしているような気分だった。
目が覚めたら午前4時。
台風22号へ流れ込む北風がレースのカーテンを揺らしている。
小糠雨の外は気温22度。
昨夜は持ち帰りの仕事に遅くまで掛かり、2時間半しか寝ていない。
気だるい月初めの水曜日。


犬の散歩に行って、洗濯物を浴室乾燥に掛け、ゴミを出し、昨夜の食器を洗う。
スマホを充電し、カイワレ大根の水を替え、ハイビスカスの花がらを摘む。
実家へ行き母の体温と血圧をチェックし、薬の管理をし、簡単な朝食を準備する。
昨日からの発熱は小康。 しかし副作用による口内炎が悪化し酷く痛むようだ。

出勤途中に55リットル給油しコンビニのATMでお金を下ろしてから7時半に職場入り。
仕事は特記事項無し。
週末から職員旅行第1班がシンガポールへ行くらしい。
4班に分かれた旅行が終わればすぐに職場検診が始まる。
健診の責任者はもちろん僕で、だからこれからまた雑務が増えるのだ。

昼食はカップスターみそ味と自宅から持ってきたワカメご飯のおにぎり。
午後、栄養課のフヂコが試作のプリンを差し入れてくれた。 美味し。
18時に職場を出て母の日用品や食材の買い物をし、Amazonで買った文庫を土産に実家へ行く。

母の夕飯は柔らかく煮たウドンを冷ましたもの。
明日の朝食用に玉ねぎ抜きのポテトサラダも作った。
少し話を聞いてから帰宅。
犬の散歩から帰って僕の夕飯はまたポン酢で食べる鶏鍋。
そしてこれをアップしたら持ち帰りの仕事をはじめる。

休日を含め、自分の時間が激減したのがきつい。 
そして雑事に追われ日々が飛ぶように過ぎる事が怖い。
いつの間にか10月がやって来ていただなんて、何だか信じられない気分なんだ。

あんこう鍋2013年10月04日



酒は新酒より夏を越して熟成した「ひやおろし」が好きだ。
いつもの地酒屋さんから買った、浦霞のひやおろし。
旬には少し早いけれどアンコウも手に入れて味噌仕立ての鍋にする。
夏の間はハイボールばかり呑んでいたけれど、鍋が始まればやはり日本酒が良い。
Mの来ない独りの夜、仕事を放棄して久しぶりにゆっくり酒を呑んだ。


小雨の土曜日2013年10月05日

雨が降るとよく香るのはなぜなのか。
子供の頃から見上げて育ってきた大木のキンモクセイが、今年もまた咲き始めた。
それの匂いは、間も無くやって来る亡祖母の誕生日を思い出させる。
揚げ物が好物だった祖母の家で、毎年の誕生祝に天麩羅を食べたものだ。
酒の好きだった祖母は「キンモクセイの酒」というのを飲んでいたっけ。
もう祖母の家もないけれど、跡地に残ったキンモクセイだけは必ず咲いてくれる。

朝4時に目が覚めて、そのまま起きてしまった。
小雨の中、犬と散歩。
新聞を読んでゴミ出しをし、実家の母の様子を見てから車で出勤。
仕事は特記事項無し。
うっかり今日が土曜日だと忘れていて、いくつかの事が先に進めず。
土日で休むエライ人にハンコを貰う必要があったからだ。


仕事帰り、寿司を握ってもらい持ち帰り。
明日からまた数日間入院する母を自宅へ呼び、風呂を使ってもらってから一緒に食事をした。
出産以外入院したことの無かった母が、あの日からもうすっかり病院になれてしまった。
不安や愚痴を口にすることの少なくなった母を見るとかえって辛い。
もっと感情を出してくれれば良いのに。


体調悪い2013年10月07日

小糠雨のち晴れ。
明日はもう寒露だというのに気温は上がり夏日となった。
予報では沖縄にある台風24号はこれから北東へ弧を描いて進路を変えるらしい。
明後日あたり、関東にも影響するかもしれない。
それが過ぎればまた一気に季節が進みそう。

朝4時半、何だか訳の解らない嫌な夢で飛び起きてそのまま起床する。
胃のむかつきが酷く、でも犬の散歩をサボることは出来ない。
新聞を読む気力はなく、少しうずくまってからゴミ出しして出勤。

入院中の母に麻酔を伴う処置がある日。
仕事を休む事が出来ず、それに付き添えない。
でも電話を気にしながら上の空で作業する位なら、休んでしまった方が良かったかもしれない。
夕方になっても連絡は無く、早めに職場を出て母の病院へ行った。

処置は無事終わったようだ。
輸液を受けながら母はウトウトしていた。
少し様子を見てから帰宅する。
どうにもあの病院が好きになれない。

夕飯はコンビニのざる蕎麦。
体調が悪く風呂に入るのも億劫だ。
かと言って早めにベッドに入っても熟睡できるで無し。
なんとなくぼーっとしている。

明日はまた早出。

帰ってきた2013年10月09日



寝坊をして、6時に目が覚めた。
台風へと吹き込む強い南風。
24号が列島の日本海側沿いを移動しているのだ。
咲いたと思った金木犀が、その風に舞って散り始めた。
この花は散り際が好きだ。

午前、母を迎えに病院へ行った。
たった数日間の入院だったけれど、やはり退院は嬉しい。
主治医と少し相談事をし、昼前に帰宅。
そのまま出勤するつもりがどうしても体が動かず、仕事を休んでしまった。
どうも不調が続く。
午後は母の家にも行かず、ずっとゴロゴロしていた。

夜、Mが来る。

あつい2013年10月11日



昼過ぎ、職場中庭の温度計は30.2度だった。
東京は観測史上最も遅い真夏日だという。
すっかり秋も深まったと思っていたのに、少し動くだけで汗の滲むこの暑さが懐かしい。
今年はあまり夏らしい過ごし方が出来なかったけれど、やっぱり僕は暑い季節が好きなんだ。

いつも通りに起き、家事をしてから母を見舞い、仕事へ行ってそして帰る。
いつもと変わらない一日。
何かを書き留めておかなければ存在したかもあやしい一日。
平凡で平和な一日。

M宅のPCが絶不調で、さてどうしたものかと考えている。
僕が大昔に買ったVAIOノートとDELLのデスクトップの二台。
どちらもメンテナンスもしないまま日々使われ、HDDは満杯で身動きが取れぬ。
誰が入れたのか解らない、用途すら解らない怪しいソフトやら、何とかツールバーやら。
あの古いPCに今更メモリを増設したりOSを入れなおしたりパーティション切り直したりする事を考えたら、入れ替えたほうが良いだろう。

問題はただ使うだけで、Mも子供たちもPCの面倒を全く見ないこと。
たまにM宅へ行った時に手入れしても、なぜかあっという間に調子が悪くなってしまう。
それならモニタ使いまわして中古で本体のみ買ってくるか。
それとも僕のXPデスクトップを7に更新して、お下がりをあげるか。
ネット専用ならタブレットという選択肢もあるかもしれない。




お好み焼き焼いた2013年10月12日



最高気温は30度を越えた。
東京はまたしても史上最も遅い真夏日の記録を更新。
そして台風26号は北上を始めている。
それは今年最大級の台風へ成長するとも言われ、もし直撃すれば大きな被害が出そう。
もう10月も中旬だというのに、穏やかな秋はどこへ行ったのか。

職場から疲れて帰宅。
今日の仕事はまったく散々だった。
母の様子見と犬の散歩だけをして、他の家事を全て放棄し酒を呑む事にする。

でも、冷蔵庫の中が空っぽだったんだ。
若い頃なら躊躇無く呑みに出るだろうが、いまやそれも億劫だ。
仕方なくサンダルで庭に出て、畑からまだ小さなキャベツを一つ取ってきた。
ついでに間引きの大根の芽も一掴み。
ホームベーカリーで使う小麦粉と冷凍イカ、そこにキャベツを入れてお好み焼きを作った。
大根の芽はゴマ和えに。
これと柿ピーやらシーチキンやらをツマミにしよう。

ただモンダイは上等な冷やおろしの日本酒の肴として、これらが力不足な事か。
て言うか、お好み焼きと日本酒ってぜんぜん合わない。

台風来る2013年10月15日



仕事は早出。
朝食として自宅から持って出たはずのピーナツバターを塗ったパンが無い。
どうやら自宅の玄関に置き忘れてきたようだ。
昼休み、天麩羅蕎麦を注文したら出て来たと同時に職場から緊急呼び出し。
大急ぎで味も解らないまま飲み込んで仕事に戻る。
そんな日。

午後、「デジタル台風」で強大に成長した台風26号の姿を見ながら仕事する。
予報では明日の朝に房総近辺を抜けるようだけれど、これだけ大きな台風ならたとえ上陸しなくたって東京は大荒れだろう。
以前のように台風や嵐が好き、などと言えなくなったのは何故なのか。

仕事帰り、実家の母を見舞いに行くとなんと餃子を作っている。
久しぶりに母が作った餃子はやはりとても美味しく、調子に乗って15個も平らげた。
数個だけれど、母も食べている。
今は休薬期間中で、よほど体調が良いようだ。
薬を休むとこんなに体調が良くなるものなのか。
効果判定が怖くて先送りにし、漫然と化学療法を続けさせている自分が情けない。
そして明後日からまた治療開始。

夜、持ち帰りの仕事。
考えること多し。

大荒れ2013年10月16日

台風の動向を気にしながらベッドに入ったからか、午前3時過ぎに目が覚めてその後眠れず。
諦めて4時前に起床し、横殴りの雨の中犬の散歩に出掛けた。
濡れることを諦めてしまえば気が楽なもので、傘は差さずジャージの上下で30分弱歩く。
アスファルトを染めるキンモクセイの落ち花、重装備の新聞配達、渦巻く雲と風の音。

車で早めに出勤。
しかし定時になっても公共交通機関を使う職員の遅刻が多発し、仕事が廻らぬ。
予約のキャンセルも相次ぎ、結局殆ど前には進めなかった。
昼に天気は回復。
ガリガリ君を齧りながら風呂上りのようにサッパリとした陽光を窓越しに見た。
午後、昨夜の寝不足からくる眠気と闘いながら某研究会と測定機器のキャリブレーション。
何だか中途半端なまま早めに退勤。

19時、実家の母を見舞い夕飯に鮭のホイル焼きを作った。
今日は往診と口腔外科、明日はまた外来。
少しでも気晴らしを、と思うけれど良い歳した息子と老いた母との間に盛り上がる会話など無い。
新聞を読みながら母の食事が終わるのを待ち、洗い物をしてから帰宅。

体の芯がボンヤリ熱く、風邪でもひいたかもしれない。
夜、仕事が終わったらMが来るという。
でも恐らくそれは深夜で、今日はもうエネルギーが切れたようだ。
彼女を待つ事無く、寝てしまう事になりそう。



ニラレバ2013年10月18日

昨夜は疲れきってソファで意識を失った。
気付いたら深夜2時で、照明もラジオもPCも点けっぱなし。
夜の間に一度母の様子を見に行くつもりだった。
でもこんな時間に実家に行って起こすわけにもゆかぬしと、そのまま再度寝てしまう。
何か有ったら実家との間に設置したインターホンが鳴るだろう。
化学療法開始後の数日間は、やはり母の体調が心配なのだ。

次に気付いたら朝の5時半。
普段不眠気味で連続した熟睡など珍しいのに、この眠気は何なのか。
意識は醒めても体が起きていない不快感を感じながら、犬と30分歩いた。
洗濯物干しとゴミだしをし、実家に顔を出してからバイクの気力は無く車で出勤。

仕事は順調。
昼食は職員食堂で鴨うどん。
午後、予報円を見ながら来週の予定作成。
台風は本当に再来するのか。 
週の真ん中に職場健診と勉強会があり前回の様な荒天となりそうなら要変更。

いくつかの雑用後、買い物をして帰宅。
母は思ったより元気で、身の回りの事は自分で出来ているようだ。
昨日の外来にMも付き添ってくれた事が嬉しかったようで、さかんにその話をしている。
母の夕飯は畑の里芋で作ったキヌカツギと焼き栃尾揚げ、そして冷たい蕎麦を作った。
冷蔵庫に栄養補助食品を補充してから20時帰宅。

-------------------------------------------------------------------------


自分の夕飯(酒の肴)にはニラレバを作る。
数度の植え替えを経てもう8年目となるニラが庭の隅に植えてあって、今の時期は何度も収穫できるのだ。 これが柔らかく美味いニラで、独り暮らしに必要な分だけ収穫できてとても便利。